2016年08月29日

西表島

今日は

今朝なんかは少し朝の気温も低く、そろそろ夏の終わりを感じますね。

皆様今年の夏はいかがでしたか?

私達は先日の夏季休暇に行った先を記錄がてら綴ろうかと・・

それもフランスとか食べ歩き旅行記とかではなくまた

短いながらも印象に残る旅だったのでこちらのページに残そうと思います。




東洋のガラパゴスとも称される西表島へ二泊三日の旅。

きっかけはここの琉球猪が美味しいらしく

また島外にほぼ出回らないのでこれを食べてみたいのが第一希望でした。

あ、やっぱり食べ歩きexclamation&question

こちらの島はジャングルで覆われてて空港を作れない立地から

他の八重山諸島よりも開発が遅れ

ゆえに島独自の動植物が色濃く残っています。

琉球猪のその一つ

image.jpg
猪チャンプル

現地の方々はこれをお刺身で頂くみたいなのですが

もしもの事を考えてチャンプルで頂く事に

脂の部分が甘くて美味しい〜るんるんるんるんるんるん

またこの琉球猪、ジビエ(野生動物)で狩りの期間が11月から2月の間と決まっているよう。

なので今回頂いたものはフレッシュではなく冷凍。


再びこの時期に訪問する理由が出来ました手(チョキ)



それはさておき

今回お世話になった方々をご紹介したいと思いますわーい(嬉しい顔)揺れるハート


◯村田自然塾◯
http://shizenjuku.net

こちらでは1日でピナイサーラ滝とバラス島を回るプラン。
“とても混雑しているので時間を少しずらして回りませんか?”
とアドバイスしていただいたおかげで
人気のスポットも私達だけで巡るかのような体験が出来ました。
ご夫婦で20年以上前から営むだけあって
山海の知識が凄く、島を愛する気持ちがひしひしと伝わります。

image.jpg
マングローブ川からピナイサーラ滝を目指します!川と言え海水と混じりしょっぱいあせあせ(飛び散る汗)

image.jpg
途中色んな珍しい動植物に

image.jpg
ピナイサーラ滝へ到着exclamation
こちら以外にも沢山の滝がこの島には点在しています。

image.jpg
午後からはサンゴで出来た無人島、バラス島へ。
運良く私達だけで上陸出来ました。(いや村田さんが計らってくれたのでしたっけ目

image.jpg
山猫をひかないように出没しそうな場所は20q位で走行。愛黒ハートやな。
普段は山猫の餌が道端に落ちてたら、車にひかれてしまうのでその餌(カニやハブなど)を道の脇に寄せるそう。
このガイド以外にも実際に
西表島自然保護活動のお仕事をされいてるようです。




◯まんさくツアーサービス◯
http://www.cosmos.ne.jp/mansaku/

帰る日だったので半日にも関わらずシーカヤックで西表島の無人ビーチへ。
途中でなんと海亀にも沢山会うことが出来ましたexclamation
こちらのまんさくさんが凄いのは向かった先の砂浜で手際よくパスタを作りコーヒーを入れてくれたこと。
お弁当分ぐらいの金額だったので
まさか出来立てあつあつのお料理を無人の砂浜でいただけるとは思っていませんでした。
遊ぶんだったら本気で遊ばす感じですかね。

image.jpgimage.jpg
地図を見ながらどのルートで赤崎浜に向かうかミーティング

image.jpg

image.jpg
途中なーんもない海でイカリを下ろしてシュノーケリング。大人達は少しビビる。

image.jpg
小さいながら男っぽい浜に到着

image.jpg
海では人魚のようなスタッフさん。コーヒーを入れるのも上手!



◯くまのみ自然学校◯
http://www.k-ns.net
ナイトツアーに、と言っても私達だけですが。
西表島だけにいる数え切れない土着の動植物に出会えましたが
夜だった為写真一枚も有らずもうやだ〜(悲しい顔)
西表島の研究がしたく東京から40年も前に移り住んだ方に案内して貰えます。まるで学者のよう。


西表島の皆様ありがとうございました。

また今度はゆっくりと伺いたいです。

何時なるかな〜


Merci黒ハート


マダム

大阪・福島
レストランブザンソン
http://www.besancon.jp
06-6451-1811







posted by ブザンソン.マダム at 14:48| 日記