2016年10月19日

フレンチでタイ料理教室

今晩はマダムです。

先日ブザンソンにて

日曜日と月曜日の二日間

私自身もかねてから楽しみにしていました

東京より全国を駆け巡る

おいしみ研究所みもっと先生

をお招きしてタイ料理教室を開催致しました。

何故フレンチでタイ料理なのか。


私自身みもっと先生の作るオーセンティックなタイ料理が好きで

某レストランの料理教室に足を運んでおりました。

そこでの契約が終わり、開催出来るレストランを大阪で探していた事を聞きつけ

是非ブザンソンをexclamation

との経緯で決まったのです。




今まで習っていた生徒さんと新しい生徒さんがいらっしゃるので


改めて先生の自己紹介

IMG_0072.JPG

と本日のお料理説明

Yam Wun Sen
春雨のサラダ

Pad Gra-Prow Kai
鶏肉のホーリーバジル炒め

の二品を作ります。



いよいよ手分けして実習スタート

IMG_0075.JPG

なのですがブザンソンの場合

飲みながらなんてのも有りバー

家では呑みながら作るけど
お店でも呑みながら出来るなんて楽しい揺れるハート

とのお声頂きました手(チョキ)

IMG_0065.JPG

このホーリーバジルは奇跡のハーブとも言われ爽やかな香りが店内に広がります。

普段この店内では香る事のない香りがとても新鮮exclamation


野菜の切り物やハーブちぎりも終えると


みもっと先生が炒め物をデモストレーション。

IMG_0073.JPG

大量のフレッシュのホーリーバジルが熱されさらに香りが立ちこめます。

image.jpg




そろそろ仕上げ〜

こちらはYam Wun Sen13人分です。

IMG_0067.JPG


皆いい笑顔わーい(嬉しい顔)

IMG_0041.JPG


いざっ

カウンターにお皿を並べ盛り付け



「Yam Wun Sen」
ヤムウンセン

image.jpg

image.jpg

IMG_0070.JPG




「Pad Gra-Prow Kai」
鶏肉のホーリーバジル炒め

IMG_0061.JPG

IMG_0069.JPG


完成るんるんるんるんるんるん


それと



本日のワインはこちら

IMG_0068.JPG

オーストラリアのオレンジワイン

(決してオレンジが入ってるわけではございませんダッシュ(走り出すさま)

通常白ワインを作る時、葡萄の皮は使いませんが
こちらのワインは白葡萄の皮の部分も赤ワインのように一緒に醸造します。

白ワインながらスパイス感がありお料理といい感じにマリアージュしていました。




試食ランチタイムレストラン

image.jpg

初対面同士の方々も共同作業exclamation&questionのお陰ですっかり打ち解けて

愉しい時間が過ごせました。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました!!


初回という事もあり至らない点もあったかと思いますが次回に活かしたいと思います。




次回は2017年1月22日(日)、23日(月)開催
10時〜13時(12時頃から試食ランチタイム)

講習費・試食ランチ・ワイン一杯付
5,000円(税別)

ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。


大阪・福島
レストランブザンソン
06-6451-1811

マダム
posted by ブザンソン.マダム at 19:39| 日記